「見えないものはない」についての考察②ASDとADHDの比較

発達障害よもやま雑記帳

こんばんは。

「見えないものはない」について、前回の続きを書かせて頂きます。前回は主に自閉スペクトラム者の方の身体感覚から、「見えないものはない」について書きました。

今回はこの議論の出発点である自閉スペクトラム者の方とADHD者の方の裏側のメカニズムの違いについて私なりの考えを整理して書きたいと思います。

スポンサーリンク

身体感覚由来のASD型「見えないものはない」

端的に結論から申し上げると、「見えないものはない」が起こる裏側のメカニズムには、大きく「身体感覚由来」のものと「注意機能由来」のものがあるのではないかと私は考えています。そしてそれがそのまま自閉スペクトラム者とADHD者のタイプにそれぞれ当てはまることが多いのではないかと思うのです。逆に言うとまだそれ以上のことは考察できていないということでもありますが、ここからはそれらについて少し整理し仮説としてお伝えしたいと思います。

身体感覚由来とは、前回書かせて頂いたように身体感覚の感じ取りにくさが背景にある「見えないものはない」です。もう少し厳密に言うと、身体感覚をはじめとする人間の情報処理のより低次でかつ無意識的に行われているような水準の情報処理過程の特異性が背景にある可能性が高いのではないかと思っています。

そしてこの場合、見えないものは「そもそも存在しない」という感覚につながりやすいように思います。その人の意識から消えるというだけでなく、この世の中にまったく「ない」、世界から「消えた」という感覚です。

この感覚はちょっと言葉で説明することが難しいのですが、人によっては「見えてないところにある世界はすべて演劇の舞台セットの奥みたいに感じる」ともおっしゃるので、世界は「見えている範囲しか存在しない」という感覚に近いのかもしれません。

注意機能由来のADHD型「見えないものはない」

それに対して注意機能由来の「見えないものはない」は、注意の向かう先の変化によってその人の認識から対象が消えてしまう感覚を指します。この場合、その人の主観的な感覚としては「物が消えてしまうはずはなく、この世界のどこかには存在しているだろうが、私にはそれが感じられない」という感覚が前提となるかと思います。

注意機能は人が生きていく上で、とても大切な役割を果たしています。簡単に言うと、人は世界に満ちているたくさんの情報の中から、自分の注意を向けることで情報の選択をしているからです。逆に言うならば人は自分の注意が向いた先の情報しか認識することができません。その意味で、注意が向いていないものはその人にとって「ない」のと同じなのです。

ADHDと呼ばれる現象はまさにこの注意機能の働き方の特異性が、その特徴の中核と考えられます。特定のものに注意が向くか向かないかにムラが発生した場合、その人の主観的な体験としてはその対象が突然消えたり現れたりするという感覚になるということになります。その場合、周囲の人たちからすると「え?それに気づかないの?!」とか「これが見えてないはずないよね」という感覚になってしまうレベルで驚かれることになるかもしれません。

ただ、身体感覚由来の「見えないものはない」と違うのは、先にもご説明した通り「(世界の)どこかにいってしまった」とう前提が感覚としてある部分にあるように思います。

一人の人に複合的に存在する場合

ここまで書いて思ったのですが、もし私の仮説がいい線言っている場合、これらは認知や神経レベルでかなり異なっているメカニズムが背景にあるということなり、一人の人に両方タイプの「見えないものはない」が併存している場合が起こり得るのかもしれません。

その場合、ご本人にとってそれらの「見えないものはない」の区別が感覚として存在しているのかどうかなど、非常に興味深い論点が発生するように思います。もしこの両方の「見えないものはない」を体験されておられる方がいて、その感覚の違いを言語化して頂くことが出来るならば、より精緻にこれらの違いが見えてくるのかなあ、なんてことも思ったりします。

もし、教えて頂ける当事者のかたがおられましたら、こちらのブログのコメント欄でもTwitterのリプライでも情報を頂けましたらうれしいです。

では今回はこのへんで!

コメント

  1. ベリー より:

    ADD、ASD併発です。

    前者の感覚というのは、女性差別に関してなのですが、フェミニズムに関する意識が疎くて、日本では男女平等だと思っていました。つまり、私の中では最近まで女性差別は存在しなかったのですね。ところがある友人から女性が差別されているという現状を伝えられてから、過去に何とも思わなかった事象が、女性差別の具体例として浮上してきました。そして、過去に経験したその時は普通に流していたいろんなことが、セクハラや差別として想起されるようになってきたのです。

    後者の方に関しては日常ですね。鍵や衣服というものが視野から消えて、認識としてはなくなったことになります。感覚としては「あるはずなのに何故かない」と考えています。何かの拍子に見つかると、「出てきた」と認識されます。

    後者でありながら前者というのもありました。家にないので買いに行こうと思っていたハンガーが、第三者の手でみつかってから、あるという認識にかわりました。それまでは大量にあったのですが、私からは見えず、ないという認識でいました。その部屋には何度も行っているのに見つけられなかったのです。つまり、あまりにも無関心すぎると存在すら消え失せてしまうのです。

    以上ですがよろしいでしょうか。

  2. さじ加減 より:

    初めまして。学生時代にアスペルガー症候だと診断されだものです。
    初めてコメント致します。

    村中様の「ニューロダイバーシティ」に関する記事からこちらの記事に参りました。
    「見えないものはない」のタイトルが目に入った時にハッとするものがあり、
    まさに長い間、私の中で腑に落ちずにいた内容でしたので大変興味深く拝読致しました。

    私の場合、「足をぶつける」という例で言いますと(実際よく起こします)、
    自分の足の存在を意識できておらず、扉を開くときに自ら扉を足にぶつける(?日本語がおかしいですが)という事が起きます。
    扉の向こう(若しくは別の事)へ意識がいっていた為、扉の存在を認識しきれずに足をぶつけた、というのとは違います。
    自分の足で足が絡まったり、なども気を許すと起こるのですが、これに関係するのかな、と思いました。

    背中の存在(リュックサックの存在)の例を出されていた男性のお話もとても理解できます。「メガネを頭に乗せているのを忘れてメガネを探す」のとはまた感覚が違うんです。
    おっちょこちょい、と良く言われるのですが、それとは違うんだという認識はあるのですがうまく説明できないでいます。

    私も最近、自分の特性(アスペルガー)などは、村中さまが書かれている「認知と神経レベル」がテーマになる内容ではないかと思い始め、色々と調べているところでこのブログの「ニューロダイバーシティ」に出会いました。
    専門的な視野から大変分かりやすい言葉で解説してくださっているのでとても参考になります。(匙を投げず興味深く読めています)

    少しずつ他の記事を拝読させて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました