ASD

ニューロダイバーシティ

ニューロダイバーシティについて②「文化」という視点

注意して頂きたいのはこの「文化」という言葉です。この言葉は障害と呼ばれる現象をなんとか肯定的に捉えるために「比喩表現」として使われているわけではありません。文字通り、字義通りに「独自の文化」を持つ人たちという意味で使用されています。
ニューロダイバーシティ

成熟したASD成人像について② 論点整理

「成熟したASD成人」について論点整理しています。 このテーマについて考えたり、語ったりする人が増え、たくさんの生産的で前向きな議論がなされていけばいいなあという、私なりの社会への課題提起のつもりで書きたいと思います。
ニューロダイバーシティ

「成熟したASD成人像」について

成熟したASD成人像というテーマについて、まだブログに書けていなかったので、ニューロダイバーシティのテーマと合わせて、書きたいと思います。
発達障害よもやま雑記帳

ASD(自閉症スペクトラム)とTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)

最初は(編集者としての)取材の一環でボランティアとして、ASDの若者たちとTRPGで遊んでたんですよね。そしたらゲームするまでピョンピョン飛び跳ねてたり、人との関りを避けているように見えたりするようなかなり濃いめのASDの若者たちが、ゲーム始めたとたんに全然違う表情でスムーズに会話し始めるんですよ。
発達障害よもやま雑記帳

「マーブルゾーン」という表現について

必ずしも均一に混ざり合って連続したグラテーションではないが、全体としてスペクトラムである、そしてそこに優劣が存在していないということ、これらを満たす表現としてマーブルゾーンという言葉が良いのではないかと考えています。
ニューロダイバーシティ

異脳文化論① 論理親和性と共感親和性

論理親和性と共感親和性という言葉は、その人が論理と共感のどちらにどの程度親和性が高いのかという視点から、人の特性や個性の在り方を理解しようする言葉です。
ニューロダイバーシティ

ニューロダイバーシティについて① 言葉の意味と基本知識

発達障害について考える際の、私の重要な基本キーワードの一つに「ニューロダイバーシティ」という言葉があります。発達障害と呼ばれている現象が「ほんとのところ一体何が起きているのか」「より生きやすい社会にするために何が必要なのか」を考えてく上で、とても大切な言葉だと私は思っています。
発達障害よもやま雑記帳

ASD(自閉症スペクトラム)者と「想像力」② 苦手なのは社会的想像なのです

前回は言葉の混乱について書きました。今回はより本質的に想像力の困難と呼ばれている領域において「何が起きているのか」を掘り下げたいと思います。
発達障害よもやま雑記帳

ASD(自閉症スペクトラム)者と「想像力」① 言葉の乱用と混乱の整理

自閉症スペクトラムの一つの特徴として「想像力の欠如」であったり「想像力の困難」ということが今でも言われることがありますが、 この言葉少し雑に使われてしまっていることが多く、誤解を生んでしまっていることが多いように思うのです。
発達障害よもやま雑記帳

「自閉症(ASD)には◯◯が向いている」の落とし穴② ASD者とプログラミングについての考察

  •  
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました