才能

発達障害よもやま雑記帳

発達障害を語る際に使われる「才能」という言葉について③

今回はこのテーマの本題である、発達障害と呼ばれる人たちを才能という観点から考える場合の考え方について、私なりの考えを書いてみたいと思います。
発達障害よもやま雑記帳

発達障害を語る際に使われる「才能」という言葉について②

特性とは、困難や問題、もしくは逆に成果や成功の背景に存在する、その人の内側の特徴や性質のことのはずだからです。言い換えると、良い、悪いなどと言った「評価」以前のこととして「その人の内側にただ存在する特徴や性質」が特性なのだと私は思っています。
発達障害よもやま雑記帳

発達障害を語る際に使われる「才能」という言葉について①

発達障害とは関係なく、そもそも才能を語る際に、才能というものが非常に環境依存的であるということは大事な視点だと思ってます
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました