教科書

良書紹介

【支援者向け】脳・神経/認知科学の体系的な基礎知識を学べる「教科書」たち

この10年ほどで認知科学はかなり脳・神経科学と融合し、人の認知能力や対人能力に関する様々な研究成果が世に「教科書」として出版され始めています。教科書になっているということは実はすごいことなんです。それは、研究者たちの間である程度のコンセンサスが得られた知見が体系化され始めているということを意味していますから。対人支援者も人を理解するために様々な知見を常にアップデートしないといけない、そんな時代なのだと思います
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました